header2

カウンセリングとしつけやトレーニング教室との違いはあるのですか?

Q:カウンセリングを通じて問題行動を治すことと、一般的なしつけやトレーニング教室に通って問題行動を治すことに違いはあるのですか?

 

 

A:はい、大きな違いがあります。
「カウンセリグ」では問題行動を起こす愛犬、愛猫の心理を追求し問題の原因を見つけ出しそこから問題にアプローチしていきます。たとえば、ご家族に攻撃的に振舞うワンちゃんやネコちゃんの心理には葛藤、不安、苛立ちなど個々によって異なる感情を持っています。異なる心理で攻撃をしているならば、ご家族に与えるアドバイスも代わっていきます。
きちんとしたカウンセリングを実施するには動物の行動学、心理行動学、行動治療法、生態学など幅広い知識が必要です。また、問題を起こすワンちゃん、ネコちゃんの中にはその問題が肉体的な歪(痛み、痒み、ホルモン疾患、炎症など)から波及していることもあります。肉体的問題が原因かそれとも心理的問題が原因かを追究するには獣医学全般を知識があることがとても重要となってきます。
「しつけやトレーニング」は家族と愛犬がよい信頼関係を気づくために行うもので問題のないワンちゃんにも日常的に行っていただくものだと考えております。よって、しつけ教室は問題行動の予防またはよい関係を維持するための飼い主と愛犬が学びを提供される場であると考えています。